漢方薬と生薬の種類

漢方薬ダイレクト 中国漢方薬の基礎知識や漢方薬・生薬の種類を解説。

クラシエ漢方 八味地黄丸料

クラシエ漢方薬一覧  生薬一覧  漢方薬の種類  ツムラ漢方薬一覧  漢方薬の副作用

「クラシエ」漢方八味地黄丸料エキス錠

       スポンサードリンク

       

作用と特徴

 「八味地黄丸(ハチミジオウガン)」は、
 漢方の古典といわれる中国の医書「金匱要略」に収載されている薬方です。
 頻尿、排尿困難、高齢者のかすみ目、下肢痛などの症状に効果があります。

 『クラシエ漢方薬八味地黄丸料エキス錠』は、
 「八味地黄丸」から抽出したエキスより製した服用しやすい錠剤です。

効能・効果

 体力中等度以下で、疲れやすくて、四肢が冷えやすく、
 尿量減少又は多尿で、ときに口渇があるものの次の諸症:
 下肢痛、腰痛、しびれ、高齢者のかすみ目、かゆみ、排尿困難、残尿感、夜間尿、
 頻尿、むくみ、高血圧に伴う随伴症状の改善(肩こり、頭重、耳鳴り)、軽い尿漏れ

用法・容量

 次の量を1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用。

 〔 年   齢 〕 成人(15才以上)
 〔 1 回 量 〕 4錠
 〔1日服用回数〕 3回

 〔 年   齢 〕 15才未満7才以上
 〔 1 回 量 〕 3錠
 〔1日服用回数〕 3回

 〔 年   齢 〕 7才未満
 〔 1 回 量 〕 服用しないこと
 〔1日服用回数〕 服用しないこと

 <用法・用量に関連する注意>
 小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

成分・成分量

 成人1日の服用量12錠(1錠370mg)中、
 次の成分を含んでいます。

 八味地黄丸エキス(1/2量)・・・・・・・・・・・2,600mg
  ジオウ    2.5g
  サンシュユ  1.5g
  サンヤク   1.5g
  タクシャ   1.5g
  ブクリョウ  1.5g
  ボタンピ   1.5g
  ケイヒ    0.5g
  ブシ末    0.5g
 より抽出。

 添加物として、ヒドロキシプロピルセルロース、二酸化ケイ素、セルロース、
 クロスCMC-Na、クロスポビドン、ステアリン酸Mgを含有する。

 <成分に関連する注意>
 本剤は天然物(生薬)のエキスを用いていますので、
 錠剤の色が多少異なることがあります。

使用上の注意

 ■■してはいけないこと■■
 (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

 次の人は服用しないでください
 (1)胃腸の弱い人
 (2)下痢しやすい人

 ■■相談すること■■
 1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
  (1)医師の治療を受けている人
  (2)妊婦又は妊娠していると思われる人
  (3)のぼせが強く赤ら顔で体力の充実している人
  (4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人

 2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、
  直ちに服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

 〔関係部位〕  〔症 状〕
  皮 膚  :  発疹・発赤、かゆみ
  消化器  :  食欲不振、胃部不快感、腹痛
  その他  :  動悸、のぼせ、口唇・舌のしびれ

 3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、
  このような症状の持続又は増強が見られた場合には、
  服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
   下痢

 4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、
  医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

保管及び取扱い上の注意

 (1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
   (ビン包装の場合は、密栓して保管してください。
   なお、ビンの中の詰物は、輸送中に錠剤が破損するのを防ぐためのものです。
   開栓後は不要となりますのですててください。)
 (2)小児の手の届かない所に保管してください。
 (3)他の容器に入れ替えないでください。
   (誤用の原因になったり品質が変わります。)
 (4)使用期限のすぎた商品は服用しないでください。
 (5)水分が錠剤につきますと、変色または色むらを生じることがありますので、
   誤って水滴を落としたり、ぬれた手で触れないでください。
 (6)4錠分包の場合、1包を分割した残りを服用する時は、
   袋の口を折り返して保管してください。
   なお、2日をすぎた場合には服用しないでください。


 前の記事 ⇒ クラシエ漢方 当帰芍薬散
 次の記事 ⇒ クラシエ漢方 半夏瀉心湯


クラシエ漢方薬 青の顆粒シリーズ  クラシエ漢方薬 赤の錠剤シリーズ  漢方薬

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional