漢方薬と生薬の種類

漢方薬ダイレクト 中国漢方薬の基礎知識や漢方薬・生薬の種類を解説。

ツムラ漢方 小青竜湯

ツムラ漢方薬製剤一覧  漢方薬の種類  ツムラ漢方薬一覧  漢方薬一覧  生薬一覧

ツムラ漢方小青竜湯エキス顆粒

      スポンサードリンク

       

作用と特徴 

 『ツムラ漢方小青竜湯エキス顆粒』は、
 漢方処方である「小青竜湯(ショウセイリュウトウ)」から抽出した
 エキスより製した服用しやすい顆粒です。

 <こんな症状に効果があります>
 ・花粉症、鼻炎等で鼻水がとまらない。
 ・うすい水の様な痰を伴った咳や鼻水がでる。

効能・効果

 体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様のたんを伴うせきや鼻水が出るもの
 の次の諸症:
 気管支炎、気管支ぜんそく、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症

用法・容量

 次の量を、食前に水またはお湯で服用してください。

 〔 年  齢 〕 成人(15歳以上)
 〔1 回 量 〕 1包(2.25g)
 〔1日服用回数〕 2回

 〔 年  齢 〕 7歳以上15歳未満
 〔1 回 量 〕 2/3包
 〔1日服用回数〕 2回

 〔 年  齢 〕 4歳以上 7歳未満
 〔1 回 量 〕 1/2包
 〔1日服用回数〕 2回

 〔 年  齢 〕 2歳以上 4歳未満
 〔1 回 量 〕 1/3包
 〔1日服用回数〕 2回

 〔 年  齢 〕 2歳未満
 〔1 回 量 〕 服用しないでください
 〔1日服用回数〕 服用しないでください

 <用法・用量に関連する注意>
 小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

成分・成分量

 本品2包(4.5g)中、
 下記の割合の混合生薬の乾燥エキス2.5gを含む。

 日局ハンゲ・・・・・・3.0g  
 日局ゴミシ・・・・・・1.5g
 日局カンキョウ・・・・1.5g  
 日局サイシン・・・・・1.5g
 日局カンゾウ・・・・・1.5g  
 日局シャクヤク・・・・1.5g
 日局ケイヒ・・・・・・1.5g  
 日局マオウ・・・・・・1.5g

 添加物として日局ステアリン酸マグネシウム、日局乳糖水和物、
 ショ糖脂肪酸エステル、を含有します。

使用上の注意

 ■■相談すること■■

 1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください
  (1)医師の治療を受けている人。
  (2)妊婦または妊娠していると思われる人。
  (3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)。
  (4)胃腸の弱い人。
  (5)発汗傾向の著しい人。
  (6)高齢者。
  (7)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
  (8)次の症状のある人。
      むくみ、排尿困難
  (9)次の診断を受けた人。
      高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害

 2.次の場合は、直ちに服用を中止し、
   医師または薬剤師に相談してください

  (1)服用後、次の症状があらわれた場合。
    〔関係部位〕      〔症  状〕
     皮   ふ :   発疹・発赤、かゆみ
     消 化 器 : 悪心、食欲不振、胃部不快感

    まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。
    その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

    〔症状の名称〕間質性肺炎
    〔症   状〕せきを伴い、息切れ、呼吸困難、発熱等があらわれる。

    〔症状の名称〕偽アルドステロン症
    〔症   状〕尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、
           手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等があらわれる。

    〔症状の名称〕肝機能障害
    〔症   状〕全身のだるさ、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)、等、
           があらわれる。

  (2)1ヵ月位(感冒に服用する場合には5~6日間)
     服用しても症状がよくならない場合。

 3.長期連用する場合には、医師または薬剤師に相談してください

保管及び取扱い上の注意

 1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
 2.小児の手の届かない所に保管してください。
 3.1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して保管し、
   2日以内に服用してください。
 4.本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を用いた製品ですので、
   製品により多少顆粒の色調等が
   異なることがありますが効能・効果にはかわりありません。
 5.使用期限を過ぎた製品は、服用しないでください。


 前の記事 ⇒ ツムラ漢方 小柴胡湯
 次の記事 ⇒ ツムラ漢方 消風散


ツムラ漢方製剤一覧  ツムラ漢方薬製剤の画像一覧  漢方薬の副作用  症状別の漢方薬

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional