漢方薬と生薬の種類

漢方薬ダイレクト 中国漢方薬の基礎知識や漢方薬・生薬の種類を解説。

竜骨(リュウコツ)

生薬辞典  性味  生薬別の副作用  漢方薬の種類  症状別漢方  ツムラ漢方薬製剤一覧

竜骨(リュウコツ)

       スポンサードリンク

       

①.原料
 竜骨とは、古代大型哺乳類の化石化した骨のこと。

竜骨(リュウコツ)1 竜骨(リュウコツ)2

②.性味
 平性で、
 甘い、渋い味がします。

 性味(セイミ)の 性とは、
  生薬はその性質によって大きく「熱・温・平・寒・涼」の5種類に分かれます。
  患者の冷えの症状を改善する生薬の性は、熱性と温性で、
  熱性と温性の生薬は、体を温め、興奮作用があります。
  患者の熱を抑える作用のある生薬の性は、寒性と涼性で、
  寒性と涼性の生薬は、体を冷やし、消炎・鎮静作用があります。

 性味(セイミ)の 味とは、
  薬の味のことで「酸・苦・甘・辛・鹸」の5種類に分かれます。
   (また、他に「淡・渋」の味が加えられることもある。)
  なお、この5つの味は内臓とも関連があり、次のような性質があります。
  酸(酸味) → 収縮・固渋の作用があって、肝に作用する。
  苦(苦味) → 熱をとり固める作用があり、心に作用する。
  甘(甘味) → 緊張緩和・滋養強壮作用があり、脾に作用する。
  辛(辛味) → 体を温め、発散発汗作用があり、肺に作用する。
  鹸(塩味) → しこりを和らげる軟化作用あり、腎に作用する。

③.主成分
 炭酸カルシウム
 リン酸カルシウム
 カリウム
 リン
 ナトリウム
 アルミカウム
 珪素
 が主成分です。

④.効能
 抗けいれん作用
 鎮静作用
 去痰作用
 収斂作用
 消炎作用
 止血作用

⑤.処方例
 桂枝加竜骨牡蛎湯(ケイシカリュウコツボレイトウ)
 柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)


 前の記事 ⇒ 竜眼肉(リュウガンニク)
 次の記事 ⇒ 竜胆(リュウタン)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional